図鑑

わが子の誕生日にはいつも図鑑をプレゼントしている。
だいたいは子どもの好きなものを選んでいる。
最初に買ったのは恐竜、次は鳥、そして今年は宇宙の図鑑。
昔はただ分厚い図鑑だったのに、最近の図鑑はDVDがついていたりスマホで動画が見れたりするものがついているものがある。
今まで買ったものは全部DVDがついているものだ。
まだあまり満足に文字が読めない子どもは本を開きつつDVDを見て学んでいる。
それに一緒にテレビを見て感想を言い合えるので大人にも好評だ。
「図鑑を見る」ということは今の子どもにはDVDを見るということになっている。
映像の方が素直に頭に入るようで一度見たものは図鑑を開いているといろいろと教えてくれる。
そのうち自分の興味のあることにのめりこんでいくのかもしれない。
それが今持っている図鑑とはまったく違うものかもしれない。
それでも何かのきっかけになればと思う。
どちらかというとわが子は自ら好きなものを探すタイプではなく、何かのきっかけを与えてそこから興味を持っていくタイプだ。
興味がないものは話の途中でも遮って別の話にすり替えていく。
それだとせっかくきっかけになればと思って話しているのにこちらもやる気をなくしてしまう。
でもいろんなものを見て学んでいってもらえればと思う。

コメントは受け付けていません。